製品知識の普及
VR

コンクリートバイブレーターの使い方や基礎知識はご存知ですか?

行進 11, 2024

通常、バイヤーは海外からコンクリートバイブレーターを購入した後、多くの質問をします。今日はよくあるご質問にお答えします。さらにご質問いただくか、お問い合わせいただければ幸いです。


1F
ヒント 1: 内部コンクリートバイブレーターの使用方法?



浅い型枠または広く間隔をあけた鉄筋を使用してコンクリートを締め固めるには、小型ヘッド バイブレータを使用します。また、完全な型枠と広く間隔をあけた鉄筋を使用してコンクリートを締め固めるには、大型ヘッド バイブレータを使用します。


振動ヘッドの作用半径は、その直径の 4 倍に相当します。したがって、小型ヘッドのバイブレータは、大型ヘッドのバイブレータよりも短い間隔でコンクリートに挿入する必要があります。


球の半径は、コンクリート内の気泡が振動ヘッドからどのくらいの距離まで伸びているかを観察することによって決定されます。代わりに、影響半径の 1 ~ 1.5 倍の設計距離を使用してください。


バイブレーターをコンクリートに打ち込むには、スクエア モードまたはオフセット モードを使用します。ただし、振動パターンはプロセス全体で使用されます。


最初のケースでは、振動子を長方形のグリッドに挿入し、衝撃半径の 3 分の 1 が重なるようにします。


オフセットパターンは格子状ですが、振動ヘッドをジグザグに配置します。


バイブレーターを空中で使用しないでください。ツールの過熱とその後の損傷を避けるために、先端がコンクリートに入ったら必ずオンにしてください。


バイブレーターヘッドをコンクリートに垂直またはほぼ垂直に挿入します。バイブレータを傾けすぎると破損する可能性がありますのでご注意ください。スタンドシェーカーは気泡を取り除き、ボイドを減らすのに役立ちます。


鉄筋がバイブレーターの邪魔になる可能性があるため、バイブレーターをコンクリートに押し込まないでください。代わりに、バイブレーターを自重でコンクリートに浸透させます。


振動ヘッドで鉄筋を叩くのは避けてください。鉄筋と以前の鉄筋コンクリート層の間の結合が壊れてしまいます。


振動ヘッドをコンクリートの中に 15 ~ 20 秒間保持します。ただし、振動機、コンクリート混合物、および型枠に関する十分な経験を持つ作業者は、振動の継続時間に関係なくコンクリートを適切に強化できます。約 2.5 ~ 7.5 cm/秒の速度でゆっくりとバイブレーターから出ます。通常、範囲が狭いほど最良の結果が得られます。


バイブレーターを取り外したときにできた穴をコンクリートで埋める必要があります。しかし、これらの空隙は乾燥コンクリートで埋められていませんでした。衝撃半径の半分のコンクリートにバイブレーターを再設置すると、問題は解決しました。問題が解決しない場合は、コンクリート混合物またはバイブレーターを交換してください。


金型の損傷を避けるため、金型の端と振動ヘッドの間は 7 ~ 10 cm の距離を保ってください。


コンクリートを動かすためにバイブレーターを使用しないでください。


層間剥離を防ぐために過度の振動を避け、作業全体を通して金型の締まり具合を確認してください。


コンクリートを振動ヘッドの長さに15cmを加えた厚さまで均一に広く流し込みます。スラブや大きな基礎の場合と同様、コンクリートの厚さは45〜50 cmを超えてはなりません。そうしないと、コンクリートの重量により、閉じ込められた空気が表面に逃げることができなくなります。コンクリートを層状に打設する場合、バイブレーターを最上層に10~15センチメートル押し込み、5~15秒間上下に動かすと層間の接着強度が向上します。


十分な数のバイブレーターを使用して、コンクリートを注入する速度を制御します。


型枠内のコンクリートが滑らかになり、骨材の大きな粒子が入らなくなり、型枠の上部と表面にスラリーの層が形成され、コンクリートの泡立ちが止まるまで、振り続けます。


バイブレーターのオペレーターはコンクリート表面を見ることができなければなりません。したがって、必要に応じて照明を使用してください。


コンクリートに浸漬すると、振動周波数は最初に減少し、次に増加し、気泡が抜けるにつれて最終的に一定になります。


予備のバイブレーターを手元に用意してください。バイブレータが完全に故障した場合に使用します。


労働者には、コンクリートの振動によって引き起こされる振動を避けるよう指導する必要があります。


使用後は毎回、バイブレーターのすべての部分を掃除してください。



2F
ヒント 2: 外部コンクリートバイブレーターの使用方法は?


外部コンクリート振動スクリーンは、プレキャストコンクリート製品や薄肉コンクリート製品に適しています。最大有効深さは 75 cm (18 インチ) です。


コンクリートの傷や追加の内部バイブレーターには、金型の通気口またはバイブレーターが必要です。


外部振動による損傷を防ぐために、正しい形状のサポートを提供します。


型枠は液体コンクリートと振動圧力に耐えることができなければなりません。また、長距離にわたって振動力を伝達できなければなりません。


低周波、高振幅の振動は、高周波、高振幅の振動子よりも形状に大きな影響を与えます。したがって、鋼製金型のように低周波、高振幅の振動が加わる場合には、金型の強度が要求されます。


分散型シャッター バイブレーターにより、振動力が均等に分散されます。金型の上に手またはバイブレーターを置き、振動の動作範囲と振動力を均等に分散するために必要な距離を決定します。振動が多すぎる、または低すぎるコンポーネントは避けてください。


金型にバイブレータを直接接続しないでください。金型が破損する恐れがあります。


型枠コンクリートの深さが 15 cm に達するまでは、外部バイブレーターを使用しないでください。


通常、外部バイブレーターは 2 分間動作します。必要に応じて時間を増減できます。


コンクリートが型枠内で硬化すると、振動が止まり、大きな骨材粒子が融合し、上面にスラッジの層が形成され、型枠表面とコンクリートの間の気泡が消えます。


3F
いくつかの小さな質問: 1. コンクリートバイブレーターを空中で動作させるとどのような問題が発生しますか?


空中でポーカーや内蔵バイブレーターを操作すると、デバイスが過熱して損傷する可能性があります。



4F
2. 内部または外部バイブレーターを使用してコンクリートをどのくらいの時間振動させるべきですか? タスクを迅速に完了するにはどのような問題が発生する可能性がありますか?



コンクリートの振動プロセスには通常 5 ~ 15 秒かかります。バイブレーターを取り外した後、コンクリートにまだ気泡が残っている場合は、気泡が消えるまでこのプロセスを繰り返してください。


ほとんどのコンクリートは、振動が不十分または不十分です。内部バイブレーターを使用する最良の方法は、非常にゆっくりと、1 秒あたり約 1 インチ引き抜くことです。


請負業者は、労働者にこの労働集約的な作業を「効率的に」、つまり迅速に行うよう奨励することがありますが、その結果、コンクリートが硬化した後に構造上の破損が生じる可能性があります。また、振動子をコンクリート中に長時間放置すると、水分と骨材が分離し、コンクリートの強度や美観に問題が発生します。



5F

3. コンクリートが過度に振動するとどうなりますか?




コンクリートが振動しすぎると、一貫性が失われ、剥離する可能性があります。合計はテンプレートの下になり、溝は要素の上部まで上がります。その結果、コンクリートは強度を失い、もろくなってしまいます。


6F
4. コンクリートバイブレーターを使用する理由とその機能は何ですか?


コンクリートを流し込むと、数百、場合によっては数千のエアポケットが形成され、コンクリート構造物に損傷を与える可能性があります。コンクリートバイブレーターは、注入したばかりのコンクリートを激しく振動させて気泡を除去します。注入プロセス中のコンクリートバイブレーターの使用は推奨されているだけでなく、多くの場合建築基準法によって義務付けられています。


7F
5.コンクリートバイブレーターの正しい使い方


振る前に、他の参加者が特定の場所で震えていないか確認してください。バイブレーターヘッドをコンクリートに完全に挿入し、少なくとも 10 秒間保持します。先端が完全に水に沈むまでバイブレーターの電源を入れないでください。


平均速度 3 インチ/秒以下でバイブレーターを上げます。一般に、1 秒あたり 1 インチの速度が最良の結果をもたらします。各振動入力は、前の振動の経路を重ね合わせます。経験則として、作用半径はバイブレーターの先端の直径の 4 倍です。コンクリートから空気が抜けると揺れが止まり、コンクリートの表面が輝いて見えます。



8F
6.終了


当社は中国のコンクリートバイブレーター専門メーカーです。私たちは29年のビジネス経験、7人の専門エンジニアと3つの地元工場を持っています。当社の長年の経験により、世界中、128 か国に 1,000 を超える顧客を持つことができました。 


コンクリートバイブレーターについてご質問があり、当社のサポートが必要な場合は、いつでもご連絡ください。ご連絡をお待ちしており、お客様との良好なビジネスパートナーシップを確立できます。

基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
O'zbek
Українська
svenska
Polski
dansk
русский
Português
한국어
français
Español
Deutsch
العربية
italiano
日本語
简体中文
繁體中文
Afrikaans
አማርኛ
Azərbaycan
Беларуская
български
বাংলা
Bosanski
Català
Sugbuanon
Corsu
čeština
Cymraeg
Ελληνικά
Esperanto
Eesti
Euskara
فارسی
Suomi
Frysk
Gaeilgenah
Gàidhlig
Galego
ગુજરાતી
Hausa
Ōlelo Hawaiʻi
हिन्दी
Hmong
Hrvatski
Kreyòl ayisyen
Magyar
հայերեն
bahasa Indonesia
Igbo
Íslenska
עִברִית
Basa Jawa
ქართველი
Қазақ Тілі
ខ្មែរ
ಕನ್ನಡ
Kurdî (Kurmancî)
Кыргызча
Latin
Lëtzebuergesch
ລາວ
lietuvių
latviešu valoda‎
Malagasy
Maori
Македонски
മലയാളം
Монгол
मराठी
Bahasa Melayu
Maltese
ဗမာ
नेपाली
Nederlands
norsk
Chicheŵa
ਪੰਜਾਬੀ
پښتو
Română
سنڌي
සිංහල
Slovenčina
Slovenščina
Faasamoa
Shona
Af Soomaali
Shqip
Српски
Sesotho
Sundanese
Kiswahili
தமிழ்
తెలుగు
Точики
ภาษาไทย
Pilipino
Türkçe
اردو
Tiếng Việt
Xhosa
יידיש
èdè Yorùbá
Zulu
現在の言語:日本語